東京青山で美味しい松茸ご飯を堪能!南青山創作和食いと家!

2021/08/27 ブログ

秋の味覚と王様と言えば、やっぱり

 

☆松茸☆

 

では、ないでしょうか?
 

東京青山の和食店いと家では、コストパフォーマンスを

考えて、中国雲南省の松茸を使っております。

 

もちろん国産の京都丹波や信州長野の松茸を使えれば

良いのですが、近年、国産の松茸の相場は高騰し過ぎて、

いる状況でございます。

 

綺麗な水と山の谷で育った雲南省は香り食感ともに

申し分なく値段のほうも安定していて、リーズナブルに

美味しい和食を提供したい南青山いと家と致しまして、

願ってもない食材です。

 

そんな美味しい松茸をふんだんに使った

 

☆松茸ご飯☆

 

が南青山いと家の秋の人気メニューとなっております。

 

じっくり丸一日、浸水させた石川県産のコシヒカリを

北海道の真昆布と枕崎のカツオ節で、1時間かけて

丁寧にとった一番出汁をほど良く調味しご飯地を

厚手の土鍋でふっくら炊いていきます。

 

煮え花で、皮目を香ばしく焼いた若鶏の塩焼きを

さいの目に切ったものと、分厚く裂いた松茸を

たっぷり入れて、蒸らします。

 

お客様の目の前で、蓋を開けた時に立ち上る湯気と供に

立ち上る食欲をそそる松茸の香り・・・☆

 

ツヤツヤの炊き立てを頬張っていただければと思います☆